スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ustreamの始め方(第七回)視聴編

はい、なんとなく気分になったので 第七回です
今回は視聴に関してです
第三回の焼き増し的な感じですので
第三回を見た人は別にスルーでw
も構いませんヨ フフフ



そのままURLへ跳んで見るのもいいのですが
バナーやいろいろと邪魔なものが多いし
それが重い人もいるので
別途プレイヤーとチャットソフトを使ってみましょう

今回紹介するのは
GOMplayer と Limechat 使ってる方にはお馴染みのものです

自分のページを参考に説明しますね

まずは
GOMで見る方法
ページを開くと映像がでるプレイヤーの下に
「Embed」というのがあるのでそれをクリック
そうすると↓のようなのが開きます


embed


http://www.ustream.tv/flash/live/1/439306 ってのが見えると思います
これがGOMにいれるべきURLです

そして後ろのほうの 439306ってのが配信者のIDになります
ここはちょっと覚えて置いてください

GOMへの入力法は
プレイヤーをまずは開いて
右クリックでメニューを呼び出し
開く > URL で↓のが開くので


ゴム ウラル


開く:の欄にURLを入れてください
いれてOKを押せば接続されます
また次回から同じCHを開きたいときは
つないだ後に
右クリック > メニュー > お気に入り > 現在のファイルを追加
とすれば次回からお気に入り押せば
前回入力したURLが表示されます
URLでは分かりにくいので
お気に入りの管理 から編集しておくといいと思います

GOMを使うには利点があってブラウザで見るよりも若干接続が早く
画面も大きいですし、自由にプレイヤーを移動・拡大することができます


■次にチャットについてです

LimeChatを使うのが有名です
Limechatはいろいろな方が説明なされてるので
省ry とはいいません
今回は視聴がメインの説明なんですから

で、インストールすると雑多な設定がでてくるんですが
適当に閉じちゃってください(ぉぃ
どうやったのか思い出せないというか何も変えてないです

サーバ という タブ に サーバ の追加というのがあるので
それをポチっと開きます

lime1

上の画面が開きますので
ホスト名、ポート番号、文字コードを画像のとおりにしてください
あとはご自由に画像で埋まってるところに入力をw

自分のページで配信してる方はは
サーバパスワードを使うにチェックをいれて
ustreamのパスワードをいれておけば権利者として入室できます
トピックやBANなどが楽なのでオススメです
トピックはチャンネルタブからトピックの変更でできます

そして入室するCHは上の画面のタブにあるチャンネルを押すと

lime2

上のが開くので、新規で入力してください
CH名の前に「#」をつけることをお忘れなく

ま、長々と説明になりましたが・・・・
もっと簡単な方法があるんです

ぇΣ って感じですよね

さきほどGOMで使った配信者のIDを使用します
あらかじめ言いますが悪用という意味ではないですよ?

ブラウザでチャットだけを表示する方法があるんです

http://www.ustream.tv/channel-room/439306

上のは自分のチャット欄のURLです
気付きましたでしょうか?
最後の数字がIDなんですね
なので見たい方のIDを

「http://www.ustream.tv/channel-room/******」

*のところに入れればOKなんです
こちらのほうが簡単ですよね
ま、Limeと違ってサーバへの負荷のほうは
知ったこっちゃアリマセンが(ヲィ

(実際ページ全体を開くわけではないのでサーバへの負荷は減ります)

焼き増しのクセに長い説明になりましたがコレで終わります
第八回は内容が思いつかないので未定

VHscrcaptureの説明は自分のPCとの相性が悪いので
不可とさせていただきます

<<前  最初



スポンサーサイト

テーマ : 雑学
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

twitter on FC2
最新記事
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。