スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Ustreamの始め方(第五回)FME編

なんて長い説明だ・・・
ここまで読むのも大変だなwww

はい、第五回です
四回で説明し損ねた FME についで話していきます

FMEはAdobeが無料で提供してくれるソフトで
ユーストリームが推奨しているので普通にやるよりは
綺麗な画像や音を配信することができます
自分のPCでエンコードをして送信するので多少スペックを必要とします

しかも、ダウンロードするには
Adobe ID が必要なので先にAdobeの日本語のページで取得しておくことを
オススメします

作ったor持ってる方は
こちらからダウンロード&インストールしてください


ここで一息ついてお茶でもどうぞ


はい インストールできたら起動してください
そうすると

FME

上のような画面がデカデカと開くと思います
まずは左上の File から Open Profile を選び
第二回で使う人は落としてくださいと書いた
XMLfile を読み込ませます
これをしないとユーストリームに接続できません

できたらあとは細かい設定です
画像を参考にして設定してみてください
スパナのアイコンをクリックすると詳細設定ができます
重いときや何かおかしい時は適当に弄ってみてください 

下のはformatの詳細設定画面(スパナ)です
参考までにどうぞ

スパナ


Format で H.264 が選べますが重いし
自分のPCでは不安定なのでオススメしません

input size  は キャプチャーする画像に合わせたほうが
多少綺麗にできるかとおもいます
output size は ユーストにあわせたほうがいいですが
多少ズレてもかまいません(推奨4:3なら400x300)

これはちょっと怪しくなってきました
 検証した結果変わりませんでした、

 
Deinterrace にチェック入れるとキャプチャーした画面がインターレースでも
インターレース解除してくれます

右側の save to file は保存場所を指定してチェックをいれてあげると
PCに配信した画像を保存することができます
format を VP6 でした場合はflv で保存してくれますので
編集等をしない場合は容量さえ許せばそのままニコ動などに上げれます

previewとキャプチャーされた映像が表示されてるところの右下に
あるんですが、そのチェックをはずせば表示される映像を消せます
また、表示される映像は映像の↑のほうに大きさ設定があるので
使いやすい大きさにしてください

さてここが重要なので読んで置いてください
FMEを使う際は必ず ユーストリームのコンソールを開く前に
FMEの右側にあるConnectを押してください
そうしないとFMEが接続を拒否されますので使えません

試しにできるかなと、やってみたらできますた。ナゼダ・・・

  追記 はい、検証してみました
      結論は別に先に起動しなくてもいいみたいですというか
      先に接続しちゃうとコンソールが上手く開けなかったりしました
      ただしユーストの説明では先に起動してくださいと
      書いてあったことを明記しておきます。
     
配信をスタートするときは FMEのStartを押すと
切り替えますかとメッセージがユーストリームのコンソールに表示されますので
yes を選んで、 Start Broadcast を押せば配信が開始されます

 
これ使うような人はそこそここういうことが分かってる人じゃないと
手を出さないと思うのでこんなもんでいいかな


ではとりあえず、これで説明を終わらせてもらいます

追記

最近、サーバーモニターには表示されるのに
自分のCHでは表示されないということが多々見受けられるようです
数時間後に試すと上手く行くのですが・・・
そういう場合は時間空けてやるか
FMEを使わなければ大丈夫なようなので
頭の片隅にでもどうぞ

FMEの設定について(その2)

<<前  最初  次へ>>
スポンサーサイト

テーマ : 雑学
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

twitter on FC2
最新記事
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。